習慣などが少ない食材を選ぶって、乳幼児も食べやすくオールマイティスープとして大活躍してくれることでしょう。
【基本的なオールマイティ野菜スープのレシピ】
≪コツ≫
・にんじん
・大根
・キャベツ
・玉ねぎ
・椎茸
・かぶ
・チンゲンサイ
・白菜
椎茸といったダシの生ずる食材を来れる事で、野菜の甘みという交じり合い、おいしい野菜スープが出来上がります。また、1つの野菜だけではなく、数種類の野菜を取り入れる事でテーストの深みを増しますので、数種類含める事をおススメする。
≪レシピ≫
1.上記の野菜(又はお好みの野菜)を良く洗って、皮がある野菜は取り除いておきましょう。その後は野菜を一口大くらいに切っていきます。
2.鍋に水を入れます。体積は野菜がひたひたに浸かるくらいの件数。水から煮込んで行くのがポイントです。真っ最中アクが出てくるので丁寧にアクを掬い取って赴き、弱火で20分〜30分ほど煮込んでいきましょう。
3.煮込んだら野菜の柔らかさを確認します。配置はベビーが歯茎でつぶせるぐらいだ。まだ硬さが気になる場合には煮込み間を伸ばして調節して下さい。煮えたら野菜をザルにとります。これで嬉しいスープが完成だ。
≪持続方≫
出来上がった直後の熱いスープのままで持続するのは控えましょう。粗パッションをとった環境まで待ち受け、綺麗にしてある製氷皿や離乳食用の冷凍持続ケースが販売されているので、上述にスープを入れて冷凍する。離乳食用の冷凍持続ケースは分量も数種類ありますので、使い勝手すばらしく便利ですよ。スープの冷凍持続以外にも様々な野菜を冷凍する際にも重宝しますのでおススメです。

●かぼちゃ●
かぼちゃも冷凍保存しておくとまったく便利な野菜だ。毎度取り扱うごとに茹でて、刻んで…といった調理するのは、かたい皮をもちましているかぼちゃでは大変ですよね。そういった下準備に手間がかかる雑貨ぐらい、冷凍してまつわるといったパぱっと炊事も進める事ができるので、善悪冷凍保存してみましょう。
【レシピ】
1.かぼちゃは、素材とわたを取り除いておきます。
2.のち、適当ながたいにかぼちゃを切り、鍋にいれて柔らかく茹でていきます。
3.かぼちゃがゆであがったら鍋から取り出し、この時期は依然かぼちゃの皮は取り除きます。理由は、ちびっこにとりまして舌で違和感を感じてしまい、口から出してしまうからだ。皮を取り除いておくと、舌触りするどく美味しく食べてくれますので、ひと厄介かけて皮を取り置きましょう。
4.依然熱いうちにマッシュにしたり、離乳の時期に合わせたがたいに刻んでいけば、出来上がりだ。
焦点:かぼちゃも甘さがあるので、苦手な青物もかぼちゃのマッシュという合わせる事によって食べられるようになったりという、処方箋も多彩。仕込みの効く野菜だ。ただ、皮部分は栄養はあるのですが、依然として離乳食の時間は歯ごたえが気になり食べずらいので、それでは皮をむいた状態であげていくと良いでしょう。
そうしてかぼちゃも、じゃがいもやさつまいも同様に、冷凍するとパサついた感じになるので、マッシュにした場合には、水分を少し加えておく事で、融解した事後も食べやすく美味しく頂けます。
【離乳時間に合わせた冷凍持続】
・デフォルト
こちらもじゃがいもやさつまいも同様にマッシュしておくと便利です。製氷皿に入れて細分して冷凍したり、冷凍持続紙袋に入れておいて、1回分で活かし消えるくらいのがたいに箸などで折れ筋をつけておくと、盗み出し易いだ。
・中期〜完成期
離乳の時期に合わせたがたいに刻んで、1食分ごとにラップで包んだり、1食分のがたいに切っておいた端切りをラップで包み、範囲で融解した後に、適度ながたいに切り分けるという方もおススメです。http://www.yado-koriyama.com/